ともに彷徨いてあり―カヌー犬・ガクの生涯