2014年2月27日 00:20 更新 

今夜8時放送のハートネットTVはシリーズ《増える20代の自殺》
第2回は、番組にメールをくれた20代がスタジオに集合。どうしたら自殺に追い込まれず生き抜くことができるのか、処方箋を話し合います。
番組ではTwitterで感想を募集します「#nhk_heart」をつけてツイートを。

今夜8時の【ハートネットTV】は、《増える20代の自殺》
就職して間もなく自殺未遂に追い込まれた男性や、母親との関係に悩み続ける女性など、番組にメールを寄せた20代がスタジオに集い、処方箋を話し合います。
Twitterで感想を募集します、「#nhk_heart」でツイートを!

昨日に引き続き今夜の【ハートネットTV】は《増える20代の自殺》。
番組のご感想をハッシュタグ #nhk_heart でツイートください!

夜8時からの放送で、画面下に表示します。
50文字前後でお願いします!
今日は第2回「わたしたちが“生き抜く”ために」です。

【ハートネットTV】今夜は《増える20代の自殺》。番組のご感想を募集します。ハッシュタグ #nhk_heart 50文字前後でツイートを!画面下に表示します。

内容は⇒nhk.or.jp/heart-net/tv/c…

今夜8時の【ハートネットTV】はシリーズ《増える20代の自殺》、第2回 わたしたちが“生き抜く”ために。
番組のご感想を募集します。ハッシュタグ #nhk_heart でツイートを!
生放送ではありませんが、画面下に「生」でツイートを表示します。

①本日のハートネットTVは《増える20代の自殺》。番組の感想をハッシュタグ #nhk_heart で募集しています!

ハートネットTV《増える20代の自殺》放送開始です!
平野啓一郎さんは生きづらさを生き抜くすべとして“分人主義”という考え方を提案。20代の本音に耳を傾けながら、生きぬくヒントを探ります。
Twitterで感想を募集しています、「#nhk_heart」でツイートを。

みなさんはこのVTRをご覧になって、どう思われますか?番組への率直な感想、ご意見を募集しています。
【ハートネットTV】今夜は《増える20代の自殺》。第2回「わたしたちが“生き抜く”ために」。
ツイートはハッシュタグ #nhk_heart 50字前後で

悩み事や相談は、自分に弱さを表しているような気がする。
そう、特に男性は自分の弱さを出せないという弱さを持っている。
本当は、相談することは弱さの表れではなく、強さの表れなのに。
#nhk_heart

【ハートネットTV】シリーズ《増える20代の自殺》の、第2回「わたしたちが“生き抜く”ために」放送中です。平野さんが提唱する「分人主義」についても、ぜひ感想、ご意見を!
ハッシュタグ「#nhk_heart」をつけてツイートして下さい。50字以内で!お待ちしています。

自殺を考えるといっても、どの程度のニュアンスで考えているかで、一つのアドバイスも、有効だったり、無効だったり。これいいねでも、人によってはそうではないからなあ。答えは他人が与えるものじゃないしね。 #nhk_heart

ご出演いただいている平野啓一郎(@hiranok)さんの出演者インタビュー、ディレクターからのメッセージを掲載しています。
こちらも是非ご覧ください。
nhk.or.jp/hearttv-blog/2… #etv #nhk_heart

「そばにいる」たったそれだけでも大きな力になるのかなって。私は身近なひとがそばにいてくれて病気から寛解できた。次はそんなそばにいる人になれたらなって思う。そしてそんな仲間にもっと沢山出会えていけたらと、思います。  #nhk_heart

本日の再放送は3/5(水)午後1時5分から。
ご意見・ご感想はこちらへお寄せください。
nhk.or.jp/heart-net/form…

明日は《福マガ 2月号》
nhk.or.jp/heart-net/tv/c… #etv #nhk_heart

当事者が死なない選択があったってことを知るのは大事かもしれない。でも防げた命ってのをあまり強調しすぎると、これまで自殺した人の周辺がどう感じるのか、というのも考えてほしい。自責の念を感じたりするし。誰かが自殺したときのことも含めてほしかったが、時間ないか。 #nhk_heart

誰かの悩みを解決するんじゃなくて、ただすぐそばにいて(心理的距離として)、何かあったらすぐ話を聞いてくれる存在になろうとすることも、なっていこうとする仲間を見つけることも、不安定な若者だからこそ必要になっていくのかなと思ったりします。#nhk_heart

Heart Beat
Heart Beat
SUPER LiBLAZE & HAPPY☆BEAT
よしもとアール・アンド・シー (2012-04-18)
Amazon.co.jpで詳細を見る