更新
いち兄「狼が出ると聞いているのに、弟たちだけで留守番をさせることなど出来ませんな」
#一期一振のせいで始まらない童話
厚君「一兄!川上から大きな桃が!」
一兄「拾い食いはいけないよ。」

#一期一振のせいで始まらない童話
魔女「12時の鐘が鳴り終わるまでに帰らないと灰かぶりに戻ってしまうよ」
一期一振「うちの門限は7時です」
#一期一振のせいで始まらない童話
乱「僕も可愛いお洋服着て舞踏会に行きたい!」
一期「乱に舞踏会はまだ早いので……、かわりに、私とでよければ、踊っていただけますかな」 #一期一振のせいで始まらない童話
「可愛い弟たちを口減らしのために暗い森に置き去りにするくらいなら、私が死にます」

#一期一振のせいで始まらない童話
一期「いいですか?寄り道はしない、知らない人にはついて行かない、おばあ様にはしっかりと挨拶をする。いいですな?」
秋田、五虎退、乱「はーい!」

一期「やはり弟達だけで行かせるのは心配ですので先回りして狼を倒しておきましょう」

#一期一振のせいで始まらない童話
継母「今夜お城でパーティがあるの」
一期一振「城が燃えてますな」
#一期一振のせいで始まらない童話
昔々7人の短刀がいました。短刀たちはそれぞれ家を作って暮らすことになりました。
厚、乱は藁の家を、秋田、五虎退は木の家を、薬研、前田、平野は煉瓦の家を作ろうとしましたが、既に一期一振が鉄の家を全員分こしらえていたので意味がありませんでした。
#一期一振のせいで始まらない童話
鶴丸「俺が反物を作ってる間、絶対開けちゃいけないぜ!」
一期一振「わかりました」

めでたしめでたし

#一期一振のせいで始まらない童話
ごんぎつね
一期一振「おや、栗が…さては鶴丸殿仕業ですな」
鶴丸「エッ」
こんのすけ「エッ」
鳴狐「エッ」
小狐丸「エッ」
#一期一振のせいで始まらない童話
メロスは激怒した

一期一振「落ちついてくだされ」

#一期一振のせいで始まらない童話
一期「お留守番中に狼がきたらどうするんだったかな?言ってごらん」

秋田「素早く動いて撹乱する」
乱「その間に間合いに踏み込む」
厚「組みつく」
薬研「柄まで通す」
五虎退「とらさんにお片づけしてもらう」

一期「頼もしい弟たちだ」

#一期一振のせいで始まらない童話
昔々、あるところにおじいさんとおばあさんがおりました。二人は夫婦でしたが、子宝に恵まれなかったので、大層子どもを欲しがっておりました。ある日、おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。
一期一振「山が燃えてますな」
#一期一振のせいで始まらない童話
王子「このガラスの靴にぴったりの女性を探している」
一期「主に合わせて削りましょう」

#一期一振のせいで始まらない童話
少女「マッチは、いかが。誰か、マッチを買ってください」
いち兄「こんな寒い中かわいそうに。マッチ売りはやめて、私たちの住む本丸へ行きましょう。なぁに私には弟が9人もおりますので、一人増えたところで大して変わりませんな」 
#一期一振のせいで始まらない童話
乱「見ていち兄!川から大きな桃が!」
一期「不衛生です、触ってはいけません」

#一期一振のせいで始まらない童話
浦島「ヘイ乱ちゃん!助けてくれたお礼に俺と竜宮城行かない!?行き方わかんないけど!」
一期一振「うちの乱に何か御用ですかな」
#一期一振のせいで始まらない童話
乱「わぁおいしそうなりんご!もらっていいの?」
魔女「どうぞ ヒヒヒ(毒入りりんごだ 早く食べるがいい!)」

一期「残念でしたな 蜜入りりんごにすり替えてあります」
#一期一振のせいで始まらない童話
一期一振「むかしむかし、お爺さんとお婆さんが暮らしていました。二人は最期の時まで仲むつまじく、天国でも巡り会い、来世でも同じ世界に生まれ結ばれ夫婦として幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし…」

薬研「俺っちは桃太郎を頼んだはずだ」

#一期一振のせいで始まらない童話
女王「鏡よ鏡……世界で一番美しいのはだあれ?」
一期一振「三日月宗近殿かと」
三日月「あなや……」
#一期一振のせいで始まらない童話
むかしむかし、おじいさんが竹を切っていると浦島くん座ってください光輝く竹がそこ!浦島くん乱の手を握らない!竹の中からそれはそれは可愛らしい乱も頬を赤らめない!玉のやうな少女が浦島くん!乱はやりませんぞ!うちの乱はやりませんぞ!
#一期一振のせいで始まらない童話
「待ーてよぉ」
「遅いよ兄さーん!」
「待ってよ、お兄ちゃーん……いてっ、うええぇん」
「わあ、ごめんよ。痛かったなあ」
「これはいけませんな。今すぐ手当てしないと、こっちへ来なさい」
「あ、井戸の所になんか落ちてr「来なさい」」

#一期一振のせいで始まらない童話
一期「今から桃太郎殿が鬼退治に行かれるので私達も助太刀致しましょう。まずは」
平野「僕が間合いを詰めます!」
「では鬼が迫ってきたら」
厚「オレが組み付く!」
「そして最後に」
薬研「柄まで通す!!」
一期「はい、よく出来ました」
桃太郎「」
#一期一振のせいで始まらない童話
いちご大福で鶴の恩返し
鶴丸「俺が機を織り上げるまで決してのぞかないでくれ」
一期一振「承知致しました」
―完―
#一期一振のせいで始まらない童話
一期一振「光っている竹の中を見ると、わずか9センチほどの美しい女の子が座っていました。……なんと、妹は初めてですな!!ああ、手始めに何を用意したらいいのか……!」

#一期一振のせいで始まらない童話
青江「……どんぶらこ…どんぶらこ…と、川上から大きな大きな桃が流れてきて…」
一期「青江殿!!弟達に悪影響を及ぼすような事を言うのはやめていただきたい!!!!!」
青江「僕なにかしたかな」

#一期一振のせいで始まらない童話
#にっかり青江のせいで童話じゃなくなる童話
まんがグリム童話 2015年 07 月号 [雑誌]
まんがグリム童話 2015年 07 月号 [雑誌]