更新
#リプきた年齢で思い出話する
9歳。エロ本を読み、オナニーを知る。エロ本に女性がオナニーしている姿しか載っていないので、オナニーはアナルでするものだと盛大に勘違い。当時はゲームボーイが流行っていたので、単四電池をお尻に突っ込む。ゲームボーイからゲイボーイに。気持ち良くはなかった。
#リプきた年齢で思い出話する
13歳。アナルに突っ込んでいた単四電池が、単一電池になったころ、このオナニーが間違っていることに気付き、猿のようにちんこをシゴく。3日程、オナニーができない状況になったとき、眠っている間に股間を殴打している自分に気付き、このままではダメだと自覚する。
#リプきた年齢で思い出話する
17歳。工業高校で年下の不良男子に告白される。当時女みたいな見た目だったが、別に男が好きってわけじゃなかったので断る。なかなか諦めてくれないので目をつむらせ、人差し指と中指を相手の唇に当て「これで諦めて?」とキスしたフリをする。余計に付きまとわれる。
#リプきた年齢で思い出話する
19歳。正社員になり、髪を短くし男らしくなる。会社の同僚の男に、男の娘エロ絵フォルダを見られてしまい、飲み会で「課長!こいつにこうしたら、ホモ漫画みたいで面白いんすよ」とビール瓶を咥えさせられる。「おいしい?」と聞く課長。なぜか止めてくれない課長。
#リプきた年齢で思い出話する
23歳。男の娘として活動する。女装だし男性ファンを増やそうと、女らしいツイートをする。途中から女性との性体験を話し始めると、女性ファンが増える。「あまり女性ファンばかり増えるのもな…」と思い、男性との性体験を話し始める。女性ファンが増える。解せない。
#リプきた年齢で思い出話する
25歳。プチブレイクを感じる。男だけど女性用下着のモデルをしたり、男だけどソフマップでイベントしたり、男だけど単体女優になったり、男だけどGAPに女装写真が展示されたりした辺りから、日本はそろそろダメなんじゃないかと気付く。もっとダメにしていきたい。
くるねこ番外篇 思い出噺
くるねこ番外篇 思い出噺