更新
#アイマス世界のマツコ
マツコ「あんたらアタシをさらに太らせる気?」
智絵里「す、すみません!」
マツコ「いや、謝られても」
かな子「美味しいから大丈夫ですよ〜」
マツコ「何がよ!?」
杏「ささ、も一つどーぞ」
マツコ「……憎たらしいわぁ、ほんと美味しいもんこれ!」
#アイマス世界のマツコ
みく「前川みくにゃ! よろしくにゃん!」
マツコ「色々模索しながら頑張ってんのね…」
みく「確かに芸能界はキャラが大切にゃ!」
李衣菜「ロックなアイドル目指してます!よろしくお願いします!」
マツコ「何がロックよ水割りより薄いじゃないの」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「で、ロックなアイドルって何するわけ」
李衣菜「ロックなことを…」
マツコ「ギター弾いたりとか?」
李衣菜「それは今練習中で」
マツコ作曲とか?」
李衣菜「それも…」
マツコ「しっかりキャラ作ってこい!」
蘭子「闇に飲まれよ」
マツコ「そう!それ!」
マツコ「ふーん…アンタらが今日のゲスト?まぁ、悪くないわ」
凛「」
卯月未央「wwwwwwwwww」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「・・・芸人さん?」
難波笑美「ちゃうわ!アーイードール!」
マツコ「アイドル?」
難波笑美「そうや?歌って踊ってますよ?」
マツコ「じゃああなたアレね、最終形は村上(信五)ね」
#アイマス世界のマツコ
#アイマス世界のマツコ
楓「あら マツコさん。お久しぶりです」
マツコ「あんた、売れてるアイドルがこんな居酒屋で呑んでていいの?何言われるかわからないわよ?」
楓「ふふっ、こういうところのほうがそういう人は来ないんですよ」
マツコ「あんたのそういうところすきよ。呑みましょっ」
#アイマス世界のマツコ
村上「次のアイドルは…?ん?!『14歳の登山アイドル』?!」
マツコ「登山家…かしらねぇ」
\キャー!!/
棟方「」スタスタ
村上「棟方愛海ちゃ……ちょ、何して…」
モミモミ
マツコ「あーー、登山ってそういうねーーー!!アタシこの娘好きーーー!!!」
#アイマス世界のマツコ

【すごく歌の上手いアイドル事務所の事務員さん】
マツコ「へぇ、そんな人が居るの、って奥に見えてる人?」
小鳥「あ、あのぅ...」
マツコ「音無小鳥じゃないの!何してるのよ!」
小鳥「?!」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「あんたがプロデューサー?」
武内P「はい」
マツコ「この前まで高校生?!やだ 手出したら世間に叩かれちゃうじゃない」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「アンタ世界一顔のいい王子様って言われてるんだって?」
恭二「……そうみたいっすね」
マツコ「やっぱりオフの時も白馬に乗ってたりするの?」
みのり「あ、オフの恭二の写真あります(スマホ見せる)」
マツコ「どれどれ……アンタ私服だけダサくない?」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「うわあ~可愛すぎてムカついてくるわ、アンタどうやってそんな可愛くなったの」
咲「可愛い格好いっぱいするの夢だったんです、だから化粧水手作りしたりして気を遣ってて」
マツコ「そう、人気出てもサボっちゃ駄目よ。油断したら一瞬よこんな化け物になるのは」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「そーやって着ぐるみ着てればチヤホヤされると思ってんだろ?誰だ?親に言われたか?」
仁奈「…」
マツコ「家で親に可愛いって褒められてんのか」
仁奈「お家ではいつも1人ぼっちでごぜーますよ」
マツコ「ちょっと待って話変わってくるわよ」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「あんら~~めちゃくちゃ可愛いじゃない、大丈夫なの?アタシこんな近くで話してるけど国際問題にならない?」
ピエール「ありがと!マツコのキグルミも、カワイイよ!」
マツコ「ありがと~。でもこれ着ぐるみじゃないの、自前なのよこのファンシーな体は」
#アイマス世界のマツコ
仁奈「お家ではいつも1人でいるですよ。でも事務所で着ぐるみ着てればみんなニコニコしてくれるですよ!」
マツコ「……」
仁奈「マツコさんも一緒にやるでごぜーますよ!」
マツコ「ごめんねえええええええ!!!」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「ちょっと待って、アタシ宣言するわ。一生この子応援する」
マツコ「アンタ元医者なんだって?」
薫「はい」
マツコ「なんでアイドルになったのよ」
薫「お金稼げると思って…」
マツコ「医者続けなさいよォ!!!」 #アイマス世界のマツコ
#アイマス世界のマツコ
マツコ「アタシ知ってるわよ、あなた相当頑張ってるでしょ。実はファンです。」
翔真さん「嬉しいねェ。マツコさんだって、TVでみない日はないわよ。いつも笑わせてもらってんのよぉ」
マツコ、翔真さん「「やぁだ〜〜〜〜」」キャッキャ
#アイマス世界のマツコ
かのん「みんなのハートにジャスティスキュート!姫野かのんです♡」
マツコ「アンタそのキャラ親にやらされてるの?いいわよオカマ相手だからってそんな」
かのん「これがかのんのスタイルなの!マツコちゃんもかわいくできるもん!」
マツコ「やだ意外と男だわこの子」
マツコ「こんな真面目なサラリーマンみたいなのがアイドルしてんの?」
(S.E.M宣材写真)
マツコ「これ合成?何なのこれ」
道夫「衣装です」
マツコ「衣装これ!?ちょっとこれプロデューサー呼んだほうがいいわよ 絶対とんでもない性癖持ってるわよこれ考えた人」 #アイマス世界のマツコ
#アイマス世界のマツコ
マツコ「あんたも大変ね、いい歳してそんなキャラで。まぁ私も言えた口じゃないけど」
菜々「な、なんのことですか?ナナは正真正銘のウサミン星人で……」
マツコ「……あれ、もしかして同じ高校だったあ」
菜々「あーあーあー!!!」
龍「FRAMEの木村龍です!よろしくお願いします!あっ俺前の仕事は消防士d」
マツコ「カメラ止めろォ!!!!!お持ち帰りだよォ!!!!!」
#アイマス世界のマツコ
#アイマス世界のマツコ
『イケメン過ぎるアイドルが大人気な問題』
村上「どーぞー!」
真「どーもー!」
マツコ「やだーーー!!!!すっごいイケメンじゃない!!!」

村上「えーと、菊地真…ちゃん!!??えっ、女の子なん!???」
マツコ「えっ、嘘、アンタよりイケメンじゃない」
「次、元・自衛官の」
「知ってる!もーこの人その界隈ですっごく見る!」
「やっぱそのテの職業って人気なん?」
「人気よぉ~! 自衛官・警察官・消防士は鉄板ね」
「その3つの前職が全部揃っとるっていう」
「おいプロデューサーどこだ!知り合いかもだぞコレ!」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「前に蘭子ちゃんって来たじゃない」
村上「おう」
マツコ「あの子とアスラン一緒に並べてみたいわね」

~数週間後~

村上「蘭子とアスランを出会せてみた件!」
マツコ「やだぁ~~~~~~~~~~」
#アイマス世界のマツコ
「え~続いては、『マツコの知らない男性アイドルの世界』  ……ハァ」
(ワハハハ)
「え~ではとりあえず出てきてもらいましょう どうぞ~」

渡辺みのり「こんにちはどーも~」
「オメェまた来たのかよ!!」

#アイマス世界のマツコ
村上「えーでは今の曲を歌った双葉杏さんが…」
マツコ「え?来てるの?」
村上「来て…え?来てない!?」
(替え玉として来るうさぎ)
マツコ「アッハハハwww」
村上「徹底してんなあ!」
マツコ「気に入った!まだ会ってないけどアタシこの子気に入ったわ!!」
#アイマス世界のマツコ
#アイマス世界のマツコ
マツコ「アンタ女はみんなエンジェルちゃんだと思ってるらしいけどオカマは含むの?」
北斗「勿論。心がエンジェルちゃんなら俺はそう扱いますよ」
マツコ「寝れるの?」
北斗「それは謹んでご遠慮しますね」
マツコ「正直者ねぇアンタ、好感度上がったわよ」
卯月「皆さんが笑顔になれるように、島村卯月、頑張ります!」
マツコ「素晴らしい。これが本当のアイドルよ。村上みたいな金の亡者のエセアイドルとは違うわ。島村さんはあんなのになったらダメよ。」
村上「誰が金の亡者や!島村お前も笑うな!」
#アイマス世界のマツコ
菜々「ということで私ウサミン星から参りましたナナが進行をですねぇ」
マツコ「ウサミン星ってどこらへんにあるって?」
菜々「お、おおよそ電車で一時間ですね!」
マツコ「ジャガーさんの星からはどのくらい?」
ナナ「んんんwwそこもかなり近いですねwwww」
#アイマス世界のマツコ
次郎『マツコの知らない競馬の世界〜』
マツコ「アイドルが競馬とか大丈夫なの?」
次郎「返す言葉もないですね」
マツコ「歳は」
次郎「三十路です」
マツコ「なんでアイドルになったの」
次郎「いっぱいお金が欲しいから」
マツコ「あんた本当にアイドルなの!?」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「大和撫子がアイドルにも求められてるらしいけどさ、アイドルなんてツラの皮が厚いぐらいがちょうど良いのよ。謙遜しないで可愛い自分を売り出せるのって1つの才能じゃない?だから輿水幸子ちゃんだっけ、アタシあの子好きよ」

テレビの前の幸子「!!!!」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「何、ラーメン?悪いけど私それなりには詳しいわよ」
貴音「ラーメンではありません、らぁめんです。」
マツコ「うわっ、またメンドくさいのが来たわね…。」
数分後
マツコ「すっごい!アンタ何杯食べんてんのよ!一体何者?!」
貴音「ふふっ…秘密です。」
#アイマス世界のマツコ
#アイマス世界のマツコ
マツコ 「アンタがプロデューサーの人?」
武内P 「はい・・・・・・」
マツコ 「アンタ渋い声してるわねぇ〜えっ!!この間まで高校生だったの!?アタシ好きよ〜(サワサワ)」
武内P 「あ、あの・・・・・・」
マツコ「ねえ、これ、アタシどうしたらいいわけ?」
星梨花はきょとんとしている。
マツコ「ダメよ、アタシこの子触れない。汚しちゃいそうで怖いわ」
星梨花「あ、あの。マツコさん、もしかして、私の事嫌いですか?」
マツコ「ああ、違うの。ちょ、誰か! 助けて!」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「カフェの店長からアイドルにねぇ…」

神谷「はい」

マツコ「アンタ、もっと面白い話とかないの?315プロって、変なの多いじゃない」

神谷「うーん…。メキシコで追い剥ぎにあったことくらいしか…」

マツコ「とんでもねぇのぶっ込んできたな!!」

#アイマス世界のマツコ
マツコ「私ねぇアンタどっかで見たことあるのよねぇ」
菜々「エッ!?」
マツコ「10年くらい前かなぁ……なんかのオーディション番組に出てたでしょ?」
奈々「ナンノコトデショ〜」
マツコ「思い出したぁ!」
奈々「あーッ、あーッ、辞めてください!!」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「千早さんのね、約束だったかしら。あれ聞いた時、普段歌なんかで泣かないんだけど、ちょっとよ、本当にちょっとよ?泣いちゃったのよ。隣のミッツ見たらさ、もうきったねぇ顔でワンワン泣いてるわけ。そこで思ったのよ。オカマの泣き顔は尋常じゃないくらい汚い」
#アイマス世界のマツコ
かな子『私たち、ユニットを組みました!』
マツコ『それじゃ、記念すべき一曲目聞いてもらおうかしら』

2人『アタシトンコツアンドロイド』

#アイマス世界のマツコ pic.twitter.com/qYWiNufhmH
マツコ「あんた、変顔が出来るんだって?」

卯月「はい!島村卯月、頑張ります!」

マツコ「まだ甘いわね……本物の変顔っていうのはこうやるのよ!」

卯月「えっえっ、えっ!? す、凄いです!」

#アイマス世界のマツコ pic.twitter.com/PdCJE47pPb
マツコ「あんたそんなに食べて大丈夫なの?アイドルってやっぱり体型維持とかあるじゃない?」
かな子「美味しいから大丈夫です‼」
マツコ「あたしこの子好きだわ」
#アイマス世界のマツコ
#アイマス世界のマツコ

蘭子「闇に飲まれよ!!」

有吉「これはwww」
マツコ「…また面白いのが来たわね…出身どこなの?」

蘭子「フッ…我は地獄から生まれs
スタッフ「熊本です」

蘭子(顔真っ赤)

マツコ「かわいい!!」
有吉「かわいい!!」
マツコ「出たよ出た出たぽっちゃりアイドル!何がぽっちゃりだよ!アタシから言わせりゃ標準よ標準!」
かな子「えへへ…」
マツコ「じゃあ聞くけどさ、あんたオヤツとかどんだけ食うのよ」
かな子「ケーキ1ホールくらい…です…」
マツコ「どんだけ食うのよ!」

#アイマス世界のマツコ
フレデリカ「マツコさん、しるぶぷれ〜」
マツコ「なんか…、アンタと話してると高田純次さんと話してる気にしかならないわ…」
フレ「あっ、気付いちゃった?そう、実はお父さんなんです!」
マツコ「え…、嘘ォ!?」
フレ「嘘です!」
マツコ「なッ…、 も〜ッ!」 #アイマス世界のマツコ
フレデリカ「あーっ!マツコさんお久しぶり〜今朝以来?」
マツコ「あんた中身高田純次じゃないの」 #アイマス世界のマツコ
村上「はい、では次。マツコに会いたがる歌姫が居る件」
マツコ「どーせココのスタッフだからしょーもないの連れてくるんでしょ」
村上「ん?ちょぉまって。マジで?如月千早さんでーす」
千早「凄い。理想の体型です…!」
マツコ「ほら一見まともそうでおかしなの来た」
#アイマス世界のマツコ
みりあ「今日は!」

莉嘉「マツコさんに!」

みく「ネコ耳の世界を教えるにゃ!」

マツコ「カワイイ」

#アイマス世界のマツコ pic.twitter.com/UkUmYZJKCK
#アイマス世界のマツコ
杏「双葉杏でーす♪」
マツコ「…」
杏「新発売のシングルよろしくお願いしまーす♪」
マツコ「アンタ誰よ」
杏「…」
マツコ「知らないわよ、アタシこんな子知らなーい」
杏「はぁ、もう帰っていい?」
マツコ「それよそれ」
ζ*'ヮ')ζ #アイマス世界のマツコ

マツコ「マツコの知らないアイドルの世界?」

ありさ「よろしくお願いします」

「あれ?あんたもアイドルじゃないの」

「はい。アイドルちゃんとお近づきになるためにアイドルになりました」

「またヤバそうなのがきたわね…」
#アイマス世界のマツコ

川島「マツコさんお久しぶり〜!」

マツコ「アラヤダ、川島ちゃんじゃなーい!最近ニュースとかで見ないけどどうしてたの…」

〜資料映像再生後〜

マツコ「アンタ年齢考えなさいよ‼︎」 pic.twitter.com/lBtP9444uc
ζ*'ヮ')ζ #アイマス世界のマツコ

村上「マツコにどうしても会いたいアイドルがいる件」
マツコ「まーた変なのくるんでしょ」
佐竹「よろしくお願いします」
「あら、かわいいじゃないの」
「なんでマツコさんに会いたかったの?」
「体型が好きで」
「ホーーーラ出た!変な子!」
#アイマス世界のマツコ

マツコ「アンタ実家花屋さんらしいわね」

凛「うn..ハイ」

マツコ「なんか私に似合う花言葉の花とかないの?」

凛「花じゃないけど..イチョウとか」

マツコ「あら、花言葉は」

凛『荘厳』

「」

凛「と長寿」

マツコ「アンタいい子ね!」
マツコ「小学生?その内スタッフを顎で使うようになるわよ」
みりあ「マツコさん大変だね」
マ「何がよ」
み「沢山の人が喜ぶから悪い事言わなきゃいけないんでしょ?心が疲れちゃうよ…」
マ「カメラ止めて!(静かに抱きしめる)」
み「えへへっ!」
美嘉「ぐぬぬ」
#アイマス世界のマツコ
#アイマス世界のマツコ
マツコ「あんたいい声してるわね」
武内「ありがとうございます」
村上「ちょっと麒麟ですって言ってみて」
マツコ「変なことやらすんじゃないわよ」
武内「麒麟です」
マツコ「あんたもやんじゃないわよ!」
マツコ「あなたお名前は?」
みりあ「赤城みりあ、11歳です!えへへっ」
マツコ「小学生なのに、何だか母性を感じるわね…」
みりあ「じゃあ、みりあがマツコさんのママになってあげる!」
マツコ「ママーー!!」 #アイマス世界のマツコ pic.twitter.com/D76r3NqoGS
#アイマス世界のマツコ

菜々「永遠の17歳!ナッナでーす!」

マツコ「また闇の深そう…って、出身地同じ千葉県じゃない!」

「え!じゃあナナが持ってきた千葉土産が…」ポロッ

生栗蒸羊羹

「センスが17歳のソレじゃねーよ!」 pic.twitter.com/3aR4z8RZUZ
#アイマス世界のマツコ

マツコ・村上「「うーん」」
幸子「ふふーん!ボクが可愛すぎて声も出ないようですね!」

マツコ「どっかで見たことあるのよね」
幸子「ボクみたいな人が他にいるんですか?それは是非お会いしたいですね!居ればですけど!」

マツコ「わかった、ノンスタ井上だわ」
マツコ「オマエまた来たの!?先月に女性アイドルの世界の時も来たでしょう!?」
みのり「はい!」
マツコ「最初来たのは男性アイドルの世界で、次は花屋の世界で、」
みのり「それで、今週が“マツコの知らない改造車の世界”です♪」
マツコ「もうオマエは何だ!?」
#アイマス世界のマツコ
#アイマス世界のマツコ

フレデリカ「マツコさんだ〜!ビッグ〜!デカーい!大っき〜い!」

マツコ「何この子開口一番躊躇ないわよ」

フ「あ、そうそう、パリは冬に行った方がオススメだよ!行った事ないけど」

マ「あ〜、この子既視感あるなって思ったら高田純次さんね、納得だわ」
恭二「初めまして。Beitの鷹j」
マツコ「ちょっと待った」
恭二「(ビクッ)」
マツコ「…だいぶいい顔の作りしてるわねアンタ」
恭二「えっ、あの」
マツコ「あーダメ!ずっと見てたら惚れるわコレ!」
みのり「わかります(グッ)」
マツコ「お前は何だ」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「鷹城!?いいとこの坊っちゃんじゃない!」
恭二「あ、そっすね…一応」
マツコ「ごめん私地雷踏んじゃった、恭ちゃんほんっっっっとごめんねぇ」
恭二「いえ、慣れてるんで」
マツコ「推せるわ~~~」
みのり「でしょう?」
マツコ「さっきからお前は何だ」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「で、今日のテーマは?」
恭二「マツコさんの知らない、炊飯器の世界です」
マツコ「炊飯器」
恭二「炊飯器って凄いんスよ…俺より高性能で」
マツコ「この子見た目に反して相当なポンコツね」
#アイマス世界のマツコ
マツコ「恭ちゃんごめんね、どーーーっしても気になっちゃうから触れさせて、さっきからちょいちょい絡んでくるあそこ(スタッフ側)のアイツはマネージャー?」
恭二「いや、同じBeitのメンバーのみのりさんです」
マツコ「アレもアイドルなの!?!??」
#アイマス世界のマツコ
村上『最新合成技術で作った、痩せたマツコの画像があるねんて!』
マツコ『ほー』
村上『その画像を見てみましょう、こちら!』

マツコ『ちょっとこれ美城常務じゃないのよー!!!!』

#アイマス世界のマツコ pic.twitter.com/HnqVcApLKY