更新
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう 吾輩はゾンビである。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でムシャムシャ食べていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを食べた。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族…
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
おくりびと・ザ・ゾンビ

毎回おくった直後にゾンビとして復活してくる遺体との激しいバトル映画
『ごんぎつねゾンビ』 #日本の名作にゾンビを混ぜてみよう

「兵ォォウ十ゥゥ……」
「うあああぁあ!!」
パァン! パァン!
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
装甲騎兵ボトムズ オブ ザ デッド

不死身の傭兵キリコ・キュービィーが死者どもをATで駆逐していく。その能力に目を付けたヨラン・ペールゼンは好奇心からキリコをゾンビにできるかな?!と企てる…
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
西暦1200年。老人の夫婦は桃を拾う。その桃を割ると出てきたのは桃太郎ではなくウイルスだった。ウイルスに感染した老人夫婦、噛み付く事に感染してゆくウイルス、人間界はゾンビによって支配された。しかしこれを阻止する者が現れる。その名は──『オニ』
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
『北のゾンビ国から』
あ゛~~あ゛~~~~あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛~~~~あ゛~~♪
あ゛あ゛~~~~あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛~~~~♪
枕草子・オブ・ザ・デッド
春はあけぼの、やうやう白くなりゆく屍、少し明りて、赤黒だちたる血の細くたなびきたる。
夏は夜、月のころはさらなり。闇もなほ、ゾンビの多くひしめき合う。ただ、一つ二つうち殺していくもをかし。雨など降るもをかし。
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう

となりのゾンビ

「ゾンビ!!!!あなたゾンビって言うのね!!!!!!!!!」
羅生門
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
「主人公を流れ者のゾンビハンターにしよう」
「老婆を主人公と共闘する女戦士に変えよう」
「時代設定は未来に、舞台は九龍城みたいなアジアンスチームパンク風に」
「主人公は美少女にして刀に銃が仕込んであって」

芥川「お願いやめて」
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう

タイトル「君の屍は。」

主人公「もしかして……俺たち」

ゾンビ「ア"ア"ア"」

主・ゾ「入れ変わア"ア"ア"!」
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう

亡き妻イザナミの後を追って黄泉の国を訪れたイザナギは無事に妻との再会を果たすが、黄泉の国の食べ物を口にしてしまったイザナミは
_人人人人人人人人_
> すでにゾンビ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
ゾンビ『ヴアァァァァ』
袁傪『その声は我が友、李徴子ではないか?』
ゾンビ李徴『いかにも、私は隴西の李徴である』
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
吾輩は猫である。
なま えは、まだ おも だ ない
わから な 、 かゆ い
ひどいかおなんで ころし
うまかっ です。
かゆい
うま
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
メロスはゾンビした。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。メロスには政治がわからぬ。メロスは、ブーズー教のシャーマンである。笛を吹き、山羊の革を纏って暮らしてきた。山羊はいいぞ? けれども鮮度に対しては、人一倍に敏感であった。
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
吾輩はゾンビである。名前は忘れた。
どこで死んだかとんと見当がつかぬ。なんでも薄暗いじめじめした所でヴァーヴァー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。そしてとりあえず噛んだ。
ゾンビ黄門

「助さん、格さん、喰っておしまいなさい!」

#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう

初ゾンビ…ども…

俺みたいな死体なのにまだ元気な腐れ野郎、他に、いますかっていねーか、はは

今日のクラスの会話
あの化粧水マジヤバイとか
やっとケガが治ったとか
ま、それが普通ですわな

かたや鏡を見て、呟くんすわ

普通に死にたかった😭
ポチ「ヴァァアアァァアアア」
花咲か爺さん「ポチ!また会えて嬉しいよ!」
意地悪爺さん「嘘だろ…埋めたっていうのに…!おい花咲か爺さん離れろ!ソイツはもうポチじゃねぇ!」
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
桃太郎はある時ゾンビ退治に行くと言ったので、それならこれを持ってお行きとおばあさんはチェーンソーをこしらえました。(中略)
ゾンビ化した犬は言いました。どうか、そのお腰に付けたチェーンソーで殺して下さい、僕の意識がまだ残っているうちに…
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
「ゾンビ……お前だったのかい……いつも栗をくれたのは……」

ゾンビはぐったりと目をつぶったままうなづきました。

『ゾンぎつね』
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
蟹「母さん!!やめてくれよ!!どうしてだよ!!かたき討ちにみんなも協力してくれて、それで猿も殺さずを許そうって決めて、お墓に柿も供えたのに!どうして今更・・・なんでだよー!!」
猿の腸を貪るおかあさん蟹ゾンビ「ギシャアーーーー!!!!」
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
ある日森の中 くまさんに出会った♪
花咲く森の道 くまさんに出会った♪
くまさんの言うことにゃ♪
お嬢さん…お逃げなさい…!俺が…まだ、俺であるうちに…ッ……!!
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう

桃「ヴァ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

おばあさん「おや!川上から桃ヴあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

おじいさん「おばあさヴあ゛あ゛あ゛」
【関ヶ原】
毛利『戦場一帯にゾンビがいるとか動けるか!?我らはここに残る!!』
吉川『絶対に動かんぞ!!!』

三成『お前ら今回だけは死亡フラグだからなそれ』

#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
「ごん、お前だったのか。いつもくりをくれたのは」
ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなづきました。
次のしゅんかん、ごんはむくりと起き上がり、すばやく兵十のくびもとにかみつきした。
兵十はたおれつつおもいました。こいつ、かんせんしてたのか。
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
平安期の文学で一通り考えてみたけど、安倍晴明とか空海が大活躍しすぎてすぐに解決した。 #日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう

おじいさんは山へゾンビ退治に
おばあさんは川へゾンビ退治に出かけました
おばあさんが川でゾンビどもを冥府へ送り返していると、大きな支援物資がどんぶらこどんぶらこと流れてきました
持ち帰った支援物資を開けてみると、なんと中から銃火器や弾薬の数々
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう

※ゾンビ化☠️
\ヴァアアア💢/
 🐕🐒🕊)))三=-   :😭:💦

\ヴァアアア💢/
  🗡👴)))三=-   :😭:💦

\ヴォァアアア💢/
   :🍑三=-:    Σ👵❗️❓
火垂るの墓 リビングデッド編
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
「なんで蛍すごく死なんのん」
「なんでやろなあ。頭潰さんと動き止まらんしなあ。」
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
「この髪を抜いてな、この髪を抜いてな、かつらにしょうと思うたのじゃ。」
下人は、老婆の答えが存外、平凡なのに失望した。
しかし、下人はあることに気付いた。
「おい、その死人、動いてはないか?」
老婆が見てみると言った通り死骸が動いていたのだ。
#日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
吾輩はゾンビである。名前は忘れた。どこで復活したか見当がつかぬ。何でも薄暗い所でURYYYとか吠えてた事は記憶している。吾輩はここで始めて人間を見た。しかもそれは波紋使いという人間中で一番獰悪ってだから殴るなやめろやめろって波紋やーめーろよー。
「ごん、お前だったのか」兵十はごんの遺体を埋めた。しかし翌日、墓から這い上がったごんはまた栗を届けにやってきた。ゾンビは生前の習性をなぞるものだからだ。襲いかかるごんゾンビに対し、兵十は火縄銃を下ろした。「お前を2度も撃つわけにはいかんよなあ」 #日本の名作にゾンビを混ぜてみよう
Amazon.co.jp イザナミ