更新
#勝生ファンあるある

勝生選手に愛を伝えても素直に受け止めてくれない

なんとなくハッシュタグにしてみました
告白したら「応援ありがとうございます」と言われる

#勝生ファンあるある
#勝生ファンあるある

勝生ファン「あ、あの、宜しければ写真を…」

勇利「あー、ヴィクトル?今あっちにいるので呼んできますね」

勝生ファン「あ、はい」
#勝生ファンあるある

本人を褒めるより、ヴィクトルを褒めたときの方が反応が良い。
ツーショットお願いしてもスリーショットになる。

#勝生ファンあるある
「勇利くんに熱愛発覚!?え、やだ、ショック…立ち直れない……」

“お相手はロシアのリビングレジェンド ヴィクトル・ニキフォロフ!?”

「え?今更??記事にするの遅くない???」

#勝生ファンあるある
オフシーズンはピチットくんのSNSで生存確認をする  #勝生ファンあるある
「あなたのファンです!」って言うより「私もヴィクトル選手のファンなんです!」って言った方が対応が良くなる

#勝生ファンあるある
プレッシャーになるといけないので毎日が応援してることを悟られてはいけない24時 #勝生ファンあるある
勝生本人のアカウントが更新されないことを前提にピチット・チュラノンのFacebookを漁るのがライフワーク
#勝生ファンあるある
ロシアでヴィクトルと暮らし始めてから勇利くんの私服がなんか小洒落てくるのを見て死ぬ勝生勇利オタ #勝生ファンあるある ちょうどいいタグあったので pic.twitter.com/2ApwrpTbhN
勝生本人のSNSが全く更新されないのでヴィクトルの方を見に行くと、「Sleeping Beauty♡」というコメントと共に勝生の寝顔がアップされてることが多々あり死ぬ。
#勝生ファンあるある
#勝生ファンあるある
勝生本人のアカウントがめったに更新されない上に更新されるときは大体ヴィクトルとの熱烈な写真なので更新するたびトレンドに上がる
ヴィクトルと一緒に
ロシアに行くことになった事を受けて
嫁に出す父親の気分を味わう

#勝生ファンあるある
#勝生ファンあるある

勝生ファン「(勇利の)いろんな話が聞きたいです!!」

勝生「え、えっと、、、//」

って言って永遠ヴィクトルの話される
#勝生ファンあるある
気づいたらヴィクトル・ニキフォロフに詳しくなってる。
#勝生ファンあるある

他選手ファン
「ヴィクトル、この前握手してくれてぇー!」
「クリスなんて、この前ウインクしてくれた!」
「この前ユーリが手を振ってくれたの!」

勝生ファン
「この前勝生選手の名前を呼んだら忙しいので…と返してくれた!!!!スルーされなかったよ!!!!」
#勝生ファンあるある

まさかのトレンド入りありがとうございます。そして勝生あるある面白すぎて、全て追いきれないのですがちょくちょく見てますとても面白いです。 pic.twitter.com/RK1zvHNqkc
#勝生ファンあるある
ヴィクトルの話をふったら喜ぶかと思ったのに、まだ知らない情報だったらしく「は?僕よりヴィクトルファンだってアピ?マウンティング?なんなの?」と言う様なしかめ面をされた後、「ありがとう、で、それどこ情報?」と、結局詳しく聞かれた。
#勝生ファンあるある
「勇利くんがSNS更新したって!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
「マジかよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!最後の更新いつだっけ!!!!!!!!!!」
「一年半前だな!!!」
「「今回は更新早いな!!!!!!!!!!!!!」」
#勝生ファンあるある 塩対応がファンサなので「あっあっ塩いただけました😭😭😭」「よかったね…美味しいカツ丼になりな…👍👍👍👍」「下"味"ばっち"り"です"😭😭😭😭👍👍👍」とかやってる(やりたい)
カツキユウリ過激ファンのつけたヴィクトルのあだ名は「新参(ニワカ)」

#勝生ファンあるある
勝生勇利があまりにも自身のSNSを更新しないので、写り込みを逃さないために他の選手のSNSを張り始める

「チュラノン選手の更新見た!!?勝生君写ってた…(泣」
「ニキフォロフのアップした画像!このチラ見えしてる手、勝生君のだ!」

本人の更新で爆死

#勝生ファンあるある
世界中で勇利が「世界からヴィクトル・ニキフォロフを奪った男」として認識されている中で勝生ファンコミュニティだけはヴィクトル・ニキフォロフが「世界から勝生勇利を奪った男」として認識されている #勝生ファンあるある
Amazon.co.jp ニキフォロフ