更新
#アニメ落語
治郎兵衛「なんだい、ご隠居。2度も殴るたぁ。言っちゃぁなんだが、俺ぁ親父にもぶたれたこたぁ、ねぇンだよ」
ご隠居「これだから、近頃の若けぇもンはいけねぇや。いいか、お前さん。殴られずに一人前になったヤツなんてどこ探してもいやしねぇンだ。ほら、立ちな!」
与太郎「それじゃなにかい、お前さんはオイラの孫の孫で、オイラの人生変えるためにそのタヌキ引き連れて、行く先の世からはるばるやってきたってそう言うのかィ」
銅羅右衛門「やいやい誰がタヌキだってぇ」

#アニメ落語
熊さん「きれえな顔してやがんだろォ。ウソみてえじゃねぇか、死んじまってんだとよ、それで。てえした傷もねえのに、打ちどころが悪かっただけで悪かっただけでもう動かねえってんだから…」
八つぁん「死んでるのは確かに熊さんだが、じゃあ同じ顔したお前さんはいってえ誰だろう」
#アニメ落語
#アニメ落語
ご隠居「なんだい、観煮え切らない男だねぇ。どうすんだい。乗るのかい。乗らねぇのかい。乗らねぇンなら帰ぇンな!」
新次郎「逃げちゃなンねぇ、逃げちゃなンねぇ、逃げちゃなンねぇ、逃げちゃなンねぇ。あぁ、もう!ご隠居!乗りぁアいいんでしょ、そのでけぇのに!」
死神「どう見たってお前さんの負けだよゥ、ここをどう切り抜けるかとちったぁ期待したがオイラにすがるようじゃあネェ。まあ互いの退屈しのぎにゃなったじゃねェか。帳面に名前を書いちまったら取り消すことはできねぇんでね、知ってるだろゥ?ほぉら、もう死ぬよ、…ほうら、死んだ…」
#アニメ落語
#アニメ落語
串灘姫「なぁにやってんだろぅねぇ、それでもお前えさん、前世紀の怪物かい?ほぉら、はでに焼き払っとくれ!」
黒永遠「だから言ったじゃねぇか。早すぎるって。おいおい煮詰めた汁粉じゃあるめぇし、全身どろどろじゃねぇか。」
熊「根性、根性、ど根性ォと…。まいったねどうも、ころんだ拍子にこんなことになっちまうとは…」
八「オイオイどうしたってんでぇ、その着物、まんなかにでっかくはりついてんのは…ヨォお前さん、その着物は買ったのかい」
熊「いいや、買わず(蛙)でございます」

#アニメ落語
#アニメ落語
「なんでえワン公、探しに来てくれたってえのかい。うれしいねぇちくしょうめ」
「こうして念願のありがてぇ浮世絵がみれるたあ、もう思い残すことはねぇ・・・」
「なんでぇ、なんかへんなのが降りてきちまったよ。あれがご隠居が言ってた死神ってやつかい?薄気味悪いねどうも」
#アニメ落語
「おいおいおいおい、冗談じゃないよ? そんなもん落っことしたら核の冬が来ちまうよ」
「いいんだよ、てめぇらのことしか考えねぇコンコンチキにはいいお灸だぁ」
「お前さんね、そいつはエゴってもんだよ」
するってぇと何かい?お前さんを一緒に連れて行くてぇんなら、カラクリの身体をタダでくれる星へ行く陸蒸気の切符をくれるってんだ、ありがてぇね、どうも。その前にあたしゃ行くとこがあってね…(ドンドンドン)カラクリの殿様!よくもうちのお袋の皮ひんむきやがったな、こん畜生!#アニメ落語
Amazon.co.jp 落語