ティラノサウルス、キターーーーーーー😳😳😳怖すぎですーーーー😭😭😭でもカッコいい……… #ティラノサウルス #ジュラシックパーク #ジュラシックワールド #恐竜 #kinro pic.twitter.com/ap8gwOOg7D
高さ約6mの“動く恐竜”を作ることになったスタッフは1年間かけて恐竜に関する調査を実施。古生物学者への取材や博物館でのスケッチをもとに、5分の1の模型を制作し、その後実物大の恐竜を作り始めたんですって😳 #ティラノサウルス #ジュラシックパーク #ジュラシック祭り #kinro pic.twitter.com/9gU5r80IGw
ティラノサウルスの撮影用模型は約1400㎏の粘土を使用しています。さらに撮影に耐えられるようにラテックスの皮膚をかぶせ、その上から着色。完成品は、縦横自在に動かせる巨大な台座に乗せて撮影されたそうですぅー😳本当にリアルで怖すぎです… #ティラノサウルス #ジュラシックパーク pic.twitter.com/8LopZdt3DZ
繊細な動きを撮影するため、巨大ティラノそっくりの縮小版模型(5分の1サイズ)が使用されました。縮小版のニックネームはウォルドさんだったそうですぅー😳 #ティラノサウルス #恐竜パシャパシャ #ジュラシックパーク pic.twitter.com/WU1LIpuI5r
縮小版のティラノサウルス、通称ウォルドさんは頭、胴体、しっぽ、腕を4人のパペットオペレーターが操作。その他の方々が、目と口、顎と爪を担当して、本体の動きに合わせて“演技”しているそうです😳CGだけじゃないんですねー #ジュラシックパーク #ジュラシック祭り #ティラノサウルス pic.twitter.com/5cUehd2TuA
Amazon.co.jp ジュラシックパーク