更新
お前がストロングゼロを飲むとき、ストロングゼロもまたお前を飲み込んでいるのだ
#ストロングゼロ文学
親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。小学校の時分ロング缶を飲み干し腰を抜かした事がある。なぜそんな無闇をしたと聞く人があるかも知れぬ。別段深い理由でもない。同級生の一人がいくら威張ってもロング缶を飲み干す事は出来まい。弱虫やーい。と囃したからである。#ストロングゼロ文学
恥の多い生涯を送って来ました。
自分には、人間の生活というものが、見当つかないのです。
自分は東北の田舎に生れましたので、ストロングゼロをはじめて見たのは、よほど大きくなってからでした

#ストロングゼロ文学
どっどど どどうど どどうど どどう
つらい日常吹きとばせ
嫌な記憶も吹きとばせ
どっどど どどうど どどうど どどう

#ストロングゼロ文学
ストロングゼロを飲んで、ウサギは亀に負けました。
「まあいっか」
ウサギはもう1缶開けました。
#ストロングゼロ文学
メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。メロスには政治がわからぬ。メロスは村の無職である。笛を吹きストロングゼロを飲んで暮して来た。飲んだら激怒が消えた。王様とかどうでもよくなった。走る気力もなくなった。セリヌンティウスは死んだ
#ストロングゼロ文学
或日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを、ストロングゼロを飲みつつ、ぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。毒々しい色をしたロング缶の、その中の透明液からは、何とも言えない泡の音が絶え間なくあたりへ溢れております。極楽は丁度朝なのでございましょう。
#ストロングゼロ文学
今飲みたいすぐ飲みたい、ホームの真ん中で、眠りたいもう眠りたい酷く泥酔したまま、流れよう流されよう、この酔いに揺らさせれ、ゼロがいいゼロを飲もう、もう一回!!
#ストロングゼロ文学
犍陀多が血の池の底へ石のように沈んでしまいますと、御釈迦様は又ぐびぐびストロングゼロを御飲みになり始めました。そのロング缶は御釈迦様の御足をふらつかせ、透明液からは何とも云えぬ泡の音が絶間なくあたりへ溢れております。極楽ももう午に近くなったのでございましょう。
#ストロングゼロ文学
吾輩は酎ハイである。名前はまだゼロである。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも常磐線の乗客に片手にもたれダバダバ零されていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは酔っ払いという人間中で一番獰悪な
#常磐線日記
#ストロングゼロ文学
#ストロングゼロ文学 でなにかと話題の #ストロングゼロ が #ふるさと納税 になっとる!48缶で10,000円。実質負担を2,000円とすると一缶41円。。。やべえ。2口寄付したら1缶20円・・・
hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/163afbf1.5… pic.twitter.com/CndtrzJIDt
「すると、次はこの娘が生贄になるのだな」
スサノオが訊くと、老夫婦は泣きながらうなずきました。
「ならば俺に任せておけ。必ずやその大蛇を討ち取ってみせよう」
スサノオはさっそく8本のストロングゼロ(※ロング缶)を用意させました。

#ストロングゼロ文学
「誰にも云はないでくださいまし」
男はさう云ふと匣の蓋を持ち上げ、こちらに向けて中を見せた。
匣の中にはストロングゼロ500ml缶がぴつたり入つてゐた。
#ストロングゼロ文学
君がストロングゼロを飲もうとしている事実について、僕は何も興味を持ってないし、何か言う権利もない
勝手にアル中になればいいし、肝臓を壊せばいい
その間、君が何をしようが自由だ
またTwitterで酒クズ自慢するのも悪くない選択かもしれない
ただ、一つだけ言いたい
やれやれ
#ストロングゼロ文学
100人の板前に「急須で入れた緑茶に最も近いものはどれ?」と質問し、
選ばれたのは、ストロングゼロでした。 #ストロングゼロ文学
ごん、お前だったのか。いつもストロングゼロをくれたのは。
#ストロングゼロ文学
水35L、炭素20kg、ストロングゼロ4L、石灰1.5kg、リン800g、塩分250g、硝石100g、硫黄80g、フッ素7.5g、鉄5g、ケイ素3g、その他少量の15の元素。
標準的な大人ひとり分として計算した場合の人体の構成物質なんだ。

#ストロングゼロ文学
なんということでしょう。
カボチャは素敵な馬車に。
ボロ服は素敵なドレスに。
汚れた足元は千鳥足になりました。
魔女は言いました。「12時になったら
酔いが醒めて恥ずかしくなるから
それまでに家に帰るように。」

#ストロングゼロ文学
ストロングゼロ職人の朝は早い。午前4時、彼は一人黙々と飲み始める。
「まあ、自分が好きではじめたことですから」
慣れた手つきで2本、3本と空けていく。
「毎日温度や湿度が違いますから、一日も同じストロングゼロはないんですよ」
彼のこだわりの一日が今日も始まる。

#ストロングゼロ文学
人は新しいストロングゼロを古い皮袋に入れるようなことはしません。そんなことをすれば、皮袋は裂けて、ストロングゼロが流れ出てしまい、皮袋もだめになってしまいます。新しいストロングゼロを新しい皮袋に入れれば、両方とも保ちます。マタイ9:17

#ストロングゼロ文学
その度数に袁傪は見憶えがあった。驚懼の中にも、彼は咄嗟に思いあたって、叫んだ。「その9%のロング缶は、サントリー、ストロングゼロではないか?」 (中略) ややあって、低い声が答えた。「如何にも自分はサントリーのストロングゼロ〈ダブルレモン〉(500ml)である」と。

#ストロングゼロ文学
あなたにストロングゼロ一本飲めと強いるような者とは、いっしょにストロングゼロ二本飲みなさい。マタイ5:41

右のストロングゼロを飲んだら左のストロングゼロも飲みなさい。マタイ5:39

#ストロングゼロ文学
酔イニモマケズ
頭痛ニモマケズ
嘔吐ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナ腎臓ヲモチ
一日ニストロングゼロ四本ト
オ通シト少シノツマミヲタベ
一人デ帰レモセズ
飲ミ会ノ記憶モモタズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

#ストロングゼロ文学
我輩は下戸である。記憶はまだ無い。
#ストロングゼロ文学
カムチャッカの若者がストロングゼロを飲んでいる時
メキシコの娘は朝もやの中でストロングゼロを飲んでいる
ニューヨークの少女がほほえみながらストロングゼロを飲む時
ローマの少年はストロングゼロにウィンクする
この地球では いつもどこかで ストロングゼロが始まっている

#ストロングゼロ文学
胎児よ

胎児よ

何故躍る

アルコール度数がわかって

おそろしいのか

#ストロングゼロ文学
「小銭は間違えるといけねえ。
手ぇ出しねえ。
それ、一つ二つ三つ四つ五つ六つ七つ八つ、
おやっさん、ストロングゼロのアルコール度数は?」

「へい、九パーセントで」

「とお、十一、十二……」
#ストロングゼロ文学
寿限無 寿限無 五劫の擦り切れ
海砂利水魚の水行末
雲来末 風来末
食う寝る処に住む処
藪ら柑子の藪柑子
パイポ パイポ
パイポのシューリンガン
シューリンガンのグーリンダイ
グーリンダイのポンポコピーの
ポンポコナーの
長久酩酊のストロングゼロ

#ストロングゼロ文学
「山猫軒」という西洋料理店に入った二人の青年は「注文はずいぶん多いでしょうがどうか一々こらえて下さい」という注意書きを読んだ後、最初の扉に向かいました。すると扉にはこのような注文が書かれていました。

「先ずはここにあるストロングゼロをお飲みください」
#ストロングゼロ文学
やれやれ。ぼくはストロングゼロを飲んだ。すぐにひどく酔っ払って、信じられない量の小便をした。そして泥のような眠りについた。目が覚めると、ぼくはどこでもない場所にいた。部屋の隅でなにかがことりと音をたてた。

#ストロングゼロ文学
「明日の小便だ」と声が聞こえ、知り合って3日目で同じ持ち場のライン作業で、いまだに村田だか田村だったか名前が出てこないで顔だけは分かる、勤め始めたばかりの派遣工場の夜勤が終わり、帰りの電車を待つ朝焼けが差し始めた駅のホームで、オレに缶を一本差しだしてきた。 #ストロングゼロ文学
「うんとこしょ、どっこいしょ」
それでも酒は、抜けません。

#ストロングゼロ文学
汚れつちまつた悲しみに
今日もロングの蓋が開く
汚れつちまつた悲しみに
今日も酒息の吹きかかる

汚れつちまつた悲しみは
たとへば転がるアルミ缶
汚れつちまつた悲しみは
おうとの中でちぢこまる
#ストロングゼロ文学
酔っ払いしか出てこねぇ!

「ごん、お前だったのか。いつもストロングゼロをくれたのは」 “飲む福祉”#ストロングゼロ文学 が盛り上がる - ねとらぼ nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/17… @itm_nlabから pic.twitter.com/ywQasW1D4R
恥の多い生涯を送って来ました。
自分には、シラフの生活というものが、見当つかないのです。

#ストロングゼロ文学
「ストロングゼロは要りませんか?」
雪の中500ml缶を売る少女に気を留める者はいません。
「寒い…」
少女は耐えかねて一缶空けました。
ぼんやりと祖母の幻影が浮かびます。
少女は二本、三本と、遂に全ての缶を空けました。

翌朝空き缶に囲まれ少女は冷たくなっていました。
#ストロングゼロ文学
「ウイスキー、ラム、ウォッカ、アップルジャック、ストロングゼロ、各中隊、そろっているな。敵に飲まれるなよ。逆に飲みこんでやれ」
#ストロングゼロ文学
おすすめ商品
パイポ
マルマン 電子PAIPO ECO ブルー amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%8…