更新
櫻井よしこさん「文在寅大統領が出した改憲案では『韓国は自由民主主義の国』から『自由』の文字を消しちゃった。教科書からも『自由』がどんどん削られている。ただの『民主主義』なら(北朝鮮が標榜する)『人民民主主義』とも齟齬がない。南北連邦政府樹立は文氏の公約」
#primenews pic.twitter.com/HfZlCHkG48
櫻井よしこさん「韓国メディアのほとんどが北朝鮮シンパ。そこで一生懸命戦ってるのがSNS。彼らは頑張ってる。日本も朝日新聞ばかり読んでる人と #primenews のような討論番組を見てる人との間に明らかな認識の差がある。それより広い差が韓国にはある」

櫻井さんの言論テレビも応援してます☺️ pic.twitter.com/sxYR4yZYhN
櫻井よしこ「韓国のメディアの殆んどは北朝鮮シンパ。そこで戦ってるのがSNS、彼らは頑張ってる。日本だって文字メディア、朝日新聞ばっかり読んでる人と、ここプライムニュースか、言論テレビじゃなかったわね。討論番組を見てる人の間には明らかに差がありますよね」
そうですね。#primenews pic.twitter.com/3EUDnR4ag2
櫻井よしこさん「韓国国会による朴槿恵前大統領の弾劾訴追状には『大衆の政権批判に応えるため』と書いてある。日本で言えばシールズや民進党などの大衆運動があったから弾劾するのと同じ。弾劾を認めた憲法裁判所の記念誌には『革命的な判決で良かった』と。これが韓国の立法と司法」
#primenews pic.twitter.com/rMUclqcM3i
櫻井よしこ「韓国の国会による(朴槿恵)大統領弾劾訴追状には、街で蝋燭デモと言われる大衆の政権批判に応える為と書いてある。これは安保法制の時、シールズの人達が民進党の人と国会で戦争法案だとやった大衆運動と同じレベル」
信じられないな。大衆運動は韓国をお手本にしてるのか?#primenews pic.twitter.com/kBn44II6sn
櫻井よしこさん「安倍総理は決断の人。金永南氏のところへサッと行って座って話せる物理的な空間を作った。非常にしっかりと、拉致被害者を全員返すよう要求した。飾り物の金永南氏から返事がないのは当たり前。激しく伝えた内容は必ず金正恩氏に伝わる。これが大きい」
#primenews pic.twitter.com/tq1VOB656W
反町キャスター「ペンス副大統領がワシントンポストに(北朝鮮と)対話の可能性があると記事になって日本でみました」櫻井よしこ「ワシントンポストは嫌になるくらいリベラル、朝日新聞みたいなもんですよ。スタンスが軍事行動よりも対話ですねって傾いてる」
まるで米国版朝日新聞。#primenews pic.twitter.com/YXDL0Ud49W
櫻井よしこさん「北朝鮮がどうなるか分からない。我々だってどうなるか分からない。北朝鮮有事が起きた時に日米安保なしにどうやって日本国民を守るのか。日本が一番脆いところに立たされている。日本、国民、拉致被害者のためにならないような穴は絶対に埋めるべき」
#primenews pic.twitter.com/gHxKBDJSdV
櫻井よしこさん「2010年以降の核兵器の運搬手段(ミサイル等)の開発実績。ロシアは14種類。中国が9種。北朝鮮は11種。アメリカはF35Aのみ。批判する人の多い米国の核戦略を歓迎した河野外相は正しい。日本にとって非常に良いこと」

このデータは恐ろしい😰
#primenews pic.twitter.com/1DkX9YhcBt
櫻井よしこさん「(中国と)良い関係を築くには侮られてはダメ。弱い国だから何をしてもよいと思わせてはならない。きちんと渡り合える意思と力を持たないといけない。日本にあるのは経済力が少し。軍事力は憲法に狭められている。国の形の土台を作らないと、お隣の国はやる時にはやる」
#primenews pic.twitter.com/uDI2fTfoG3
櫻井さん「今は非常に厳しい時。あまり難しい顔をしたり下を向いたりせず朗らかに自信を持って歩む。それを見てアジアの人たちが安心するような外交、日本人でありたい」
反町氏「それをできる防衛力がある?」
櫻井さん「憲法改正をすればいいでしょ!」
#primenews pic.twitter.com/xersAkYmjQ
櫻井さん「(慰安婦問題を巡る情報戦は厳しいが)日本は世界記憶遺産への登録を阻止した。ユネスコの委員にきちんと説明をし、誰にとってもフェアなルール、すなわち当事国同士が納得した時に初めて登録できるようにした。これは普遍的な価値観。日本はこのような形で戦えば勝てる」
#primenews pic.twitter.com/LO1uww9Z2v
おすすめ商品
櫻井よしこ
チベット 自由への闘い ダライ・ラマ14世、ロブサン・センゲ首相との対話 (PHP新書) amazon.co.jp/%E3%83%81%E3%8…