更新
発達障害は空気が読めないと言われますが、私の場合、相手の様子を敏感すぎるほど察知してしまいます。犬がどういう訳か相手の本性や本心を見抜いてしまったりするような、そういう動物的直観が働くときがけっこうあって、その直感は意外と正しいことが多い。

#発達障害
#あさイチ#発達障害 の特集やってる。知り合いに、少しでも自分の常識に合わない人がいればみんな「あの人おかしい。多分発達障害だと思う」って決めつける人がいる(あくまで彼女の主観)。
認知されるのは良い事だと思うけど、こういう差別が生まれるのはどうしたもんじゃろのぅ(´・_・`)
栗原類くん、モデルやってたら強いスポットライト浴びるし、あんな賑やかな「いいとも!」によく出てたと思う。「慣れ」と言ってたけど、すごい努力をした結果だよね。
#NHK #発達障害
「感覚過敏の疲れ方は、バッテリーの消耗が早い携帯電話」ってわかりやすい例えだな。
#発達障害プロジェクト #発達障害 #感覚過敏
NHK発達障害特番。教育関係者も多く見ていると思うけど恐らく多くは特別支援の先生やや支援学級や通級で関わる小中学校の先生なのだろう。通常の学校の先生、特に高校の先生に見てほしいし、見るべき。 #NHK #発達障害
#発達障害
私も軽度の脳性麻痺を持ってるんですが「ふつーに見えるし大丈夫だよ」とよく言われるけど「普通に見られるから辛い」んです。
ADHDの人はなるべくゴミの分別がめんどくさくない、焼却炉性能の高い自治体に住むといいよね

#発達障害
真面目で一生懸命にコミュニケーションしようとするのは、それまでうまくいかないコミュニケーションを積み重ねてきてるから、今度こそうまくやろう、うまくいかないのはダメだと思ってしまうのさ。
疲れきってしまうし今度もうまくいかないしでもう嫌になるよね。

#発達障害 でもそうじゃなくても。
あさイチでは発達障害の存在そのものにすら懐疑的に見えた中山秀征さん、今回は具体的な事例に触れ「そうか…発達障害というものは本当にあるんだ…」な反応に見え、私は嬉しかったです🌸
「こういうことかな?違うのか…」と一生懸命理解しようとされている印象
#発達障害
#発達障害困りごと
#NHK
ディスレクシアの井上さんは本も出してる有名な方だけど、43歳で「怠けてなんかいない!」に出会って人生が変わったと言ってた。
そんな可視化していく役割をもっと大きなメディアが担っていくべきだ、という特集なのだろうから、自分は違う、そうじゃないと思っても慌てないでくだされ。

#発達障害 twitter.com/kamekurasan1/s…
品川裕香「怠けてなんかない!」
有名なディスレクシアの本。人にあげたりしてたので3回目の購入。

日本人は「漢字が読めない」=「頭が悪い」「不勉強」と捉えるらしい。最近もそういう出来事があった。
そんな想像力の欠けた社会でディスレクシアの人が生きて行くのがいかにつらいか。 pic.twitter.com/lRok6y47sH
【今日の話題記事】
第1弾:東大医学部卒の超エリートを待ち受ける「現実」とは? #医学部 #発達障害

bunshun.jp/articles/-/7170
NHK発達障害 困りごととの付き合い方 司会の中山秀征に視聴者が不快感 #発達障害 - NAVER まとめ (55 users) bit.ly/2JD78gW 24件のコメント b.hatena.ne.jp/entry/s/matome…
精神科治療学2018年4月号「対人関係をめぐる精神科臨床」に自閉症スペクトラム関係の稿があるので読んでるけど、過剰適応は日本に比較的特有な概念、って書いてあるよ…
「みんなもごっこ遊びが嫌いだと思って我慢してやってた」
「5歳にして作り笑いを身につけていた」だってさ…

#発達障害 pic.twitter.com/t5ou5XV2SL
#発達障害 の世界を映像化】これまで誤解されがちだった行動の裏にある「本当の理由」
nhk.or.jp/special/plus/v…
おすすめ商品
発達障害
発達障害 (文春新書) amazon.co.jp/%E7%99%BA%E9%8…