更新
#殿絵
主人公の父、北条時政(演:坂東彌十郎さん)を描きました。
戦場での腕前も侍としての矜持も堂々たる父上。同時に愛らしい人間らしさもあってこの方が登場するとなぜかほっとします。
#鎌倉殿の13人 #fanart #watercolor
6話。父上が長男の事を知るシーンを迎えるのが怖い…。 pic.twitter.com/p0FCsY0q52
鎌倉殿の13人の先行放送が「早鎌倉」って呼ばれてるのはわかるけど、
麒麟がくるの先行放送が「一番搾り」って呼ばれてたの意味がわからない。

#鎌倉殿の13人 #麒麟がくる pic.twitter.com/zYpE9Ul4Vk
梶原景時が何で頼朝を見逃したかはっきりしないが大庭景親は8月16日頼朝挙兵の直前8月2日に京から戻って、それまでに大庭景親兄の大庭(懐島)景義も、相模豪族岡崎四郎も頼朝についており、梶原景時も既に頼朝側だった可能性が高い。大庭景親に裏切を把握する時間はなかった。#鎌倉殿の13人
田中吉政も同じように、洞窟で三成発見しても見逃してくれないかな…。

#鎌倉殿の13人
超有名な、梶原景時が頼朝を見逃す場面… #鎌倉殿の13人
#鎌倉殿の13人 その時、#陰陽師 は】
#安倍泰親 は九条兼実の日記 #玉葉 、藤原頼長の日記 #台記 に度々登場し、摂関家に重用されていたと考えられます。
特に博識で本人も易学に通じていた頼長は「占は7割当たれば神と称されるが、泰親は7~8割的中させ、他人には真似できない」と絶賛しています。 pic.twitter.com/zw08skb3dk
長距離移動を嫌がる演技に定評のありすぎる大泉洋。
#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/M2cS8QgeIY
里とキロの違いはあれ、『25』という距離にはとにかくうんざりな佐殿(笑)
 #鎌倉殿の13人
 #鎌倉殿どうでしょう pic.twitter.com/TxogJJkVJ4
切り伏せた相手から水を奪って補給。殺気への勘の良さといい、戦い慣れた時政父上の武者ぶり。そして「心が折れたわい」と掌返す調子の良さ、本当にいいキャラ
#鎌倉殿の13人
ナレーションの長澤まさみ、義時や政子たちのお母さんなんじゃない? #鎌倉殿の13人
裏  切  り  や  が  っ  た

#鎌倉殿の13人
親父殿のもぐもぐタイム😋
すっかり佐殿を見捨てる気満々😅
#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/VBFONcM4pZ
平安朝の一里は京では三十六町(約3.9キロ)であったが、東国の多くでは一里を六町(約650メートル)と計算していた。伊豆権現まで二十五里と言われたら、京の里程では97.5キロだが、東国では16.35キロとなる。佐殿がやめたのは100キロ近く歩かねばならないと勘違いしたのではないだろうか?#鎌倉殿の13人
誰かの夢枕に人が立つの、お告げもありますが立った相手が夢を見た人間のことを好きだからだと平安時代には信じられていたんですよね。八重の夢に頼朝が出たということは頼朝が八重を恋しく思っていたという話になる…なので政子は夢の話であれほど張り合った、というわけなのです。
#鎌倉殿の13人
#鎌倉殿の13人 幼児に不釣り合いなほどの立派な墓は、じさまの罪悪感の裏返しであろうよ、そして八重ほど聡明な女はそれを悟っただろうよ
すごい…麒麟以上に首桶大河…

#鎌倉殿の13人
後白河法皇、こんなに手を替え品を替え(出現場所を替え)毎回出てくるとは思わなかった…(笑)。
#殿絵 #鎌倉絵
#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/9hsCDhZWOX
#鎌倉殿どうでしょう #鎌倉殿の13人
嘉納治五郎: 亡くなってからも出番がある
徳川家康: とっくに亡くなっているけど毎週のように出番がある
後白河法皇: その場に居ないけど毎週出番がある

最近の大河はリモート参戦多いな(´・ω・`) pic.twitter.com/ezVf0nBeHZ
安西の館での親父殿と佐殿との対面。
大河ドラマでこんなにチベスナ顔になる人いる?
#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/xqySRoLCud
時政の「佐殿ーー!!」に対する、義時の目
やめて!チベスナ顔で父を見るのやめて!#鎌倉殿の13人
時政父上の行動やっぱりこの人思い浮かべる

#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/BjHDgfrFWN
裏切る気満々だった父上が頼朝に出会った瞬間、心から心配していたように駆け寄る調子の良さをみた義時のジト目
#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/xQbMq7iMvB
うちの小学校では、運動会の騎馬戦を「衣笠合戦」と称して、紅組白組ではなく三浦と畠山に分かれて戦ってた。
当時はなんでこういう事やってるか分からなかったけど、こういう話だったのね。
#鎌倉殿の13人
我々視聴者は、頼朝の弱さや情け無さ、諦めの早さみたいなものを目の当たりにしているけれど、伊東や大庭ら敵方はその姿を知らないわけで、大敗したとは言え、いつまでも死なずに生き延びているのは、不気味でおそろしいだろうなあと思う。そういう運も天の采配と信じるだろうし #鎌倉殿の13人
ええ!?こんな絶望的な状況から開ける幕府があるんですか!? #鎌倉殿の13人
三浦義澄の父・義明が居城の衣笠城を枕に討死したのは89歳のとき。これにより三浦一族が生き残り、頼朝を支えたことから、十七回忌の法要の席上、「(義明の)身は滅んでも今日も生き続けている」と頼朝が言ったことから、義明は享年の89歳に17回忌の分を足して、106歳まで生きたとされた。#鎌倉殿の13人
國村さんが手を拭くシーンってものすごく恐く感じるの僕だけですかね…
#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/sgjog3HZHv
ずっと大河で勝ち目のない戦に挑んできた山本耕史殿が言う「勝ち目の無い戦」の絶望感 #鎌倉殿の13人
三浦義村が本当に突き刺さる言葉ばかり出してくる件

#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/C6iw8bYI37
夫「源頼朝が鎌倉殿を開いたのは知ってるけど、このズタボロ状態からどうやって大逆転するのかさっぱりわからんな」
本当にそれですわあ #鎌倉殿の13人
そもそもお前のせいだろとのツッコミが発生する場面
#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/72gQ8ifZEY
#鎌倉殿の13人 時政父ちゃんは、ずるい人だし、調子いいし、政治的にブレブレなんだけど、家族愛だけは間違いなくて着流し姿とかもすごいチャーミングなんですよね。りく様みたいな人が嫁に来るのわかってくる。なぜこんなにおじさまが可愛いんだ。坂東彌十郎さんさすがだよ…
先週、宗時兄上の死を見せられて
今週はそんな兄上の死を家族が知ることになるのを見るとか二週に渡って辛すぎる…

#鎌倉殿の13人
このシーンは最終回でも登場しそう🥺
#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/O44F2CrhEG
これで北条は佐殿を支え続けるしかなくなり、そして佐殿を決して許さない #鎌倉殿の13人
「俺より先に死ぬんじゃねぇぞ」

あまりにも人の命が軽いこの時代でも
仕方のない事だと割り切ってても
親の思いは変わらないよな

#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/xaICEIFtLR
時政をほんといいキャラに描くよね三谷さん。本質的にはお調子者の田舎のおじさんなんだけど、いくつもの修羅場をくぐってきた手ごわい田舎のおじさんでもあり、息子の死を悼み、もう一人の息子に後事を託す情に厚い田舎のおじさんでもある。#鎌倉殿の13人
佐々木のおじいちゃんが、ずうっとセンターでぴょこぴょこにっこにこしてるから、軍議が頭に入ってこないんですが。
間違いなく最年長なのに五歳児😂
#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/GUY4ZzPHXu
頼朝公「おぬしたちの顔を見ると何やら勇気が湧いてくる」

これめちゃくちゃ言ってみたい。
儂はふぉろわー皆のリプを見ると何やら不安が湧いてくる

#鎌倉殿の13人
「鎌倉殿の13人」6話絵。
もう登場したからと気を抜いていたらよ…。
まさかビックスマイルでお姿もクリアな法皇さまが
再び現るとは。
#鎌倉殿の13人 #殿絵 #大泉洋 #西田敏行 pic.twitter.com/L0r2iAhmpz
#鎌倉殿の13人 ダメなところもたくさん見せてるんだけど、いざ神輿として覚悟を決めたらピカピカの光を放つし、素敵な未来が来ると思わせてくれる。ほんと厄介な男
アイヤアアアアアア佐藤さんアイヤアアアアア 広常、この酒のあおりかた、間違いなく芹沢鴨に転生する #鎌倉殿の13人
「鎌倉殿の13人」絵。
法皇さまが4枚たまりました。殿絵描きのなかで法皇さま担当になりつつある。
#鎌倉殿の13人 #殿絵 #大泉洋 #西田敏行 pic.twitter.com/gKs2iiL2F2
士気が乱高下する中、1話に1回は大将の器を見せつけて味方を鼓舞する頼朝の描かれ方が好きという話は別として佐々木の爺様が好き

#鎌倉殿の13人
#殿絵 pic.twitter.com/KPmGrNHJKE
コメディとシリアスの落差が関ヶ原レベルに激しい大河ドラマだわ…。

#鎌倉殿の13人

#かまコメ
武田信義役・八嶋智人さん


収録現場から撮影直前・直後のコメントをお届けします。

▼公式HPには こぼれコメントも掲載!
nhk.or.jp/kamakura13/spe…

#鎌倉殿の13人
#八嶋智人
#武田信義 pic.twitter.com/mTYhxCB0iG
マックスファクトリーのプラスチックモデル、「PLAMAX 1/12スケール 鎌倉時代の鎧武者」今夏発売予定で開発進行中です。
月刊アーマーモデリングの協力にて、過去に類を見ない超リアルな造形をお届け!皆さんの手で組み立て、好きな色に染めてください!
#PLAMAX
#鎌倉殿の13人
#アーマーモデリング pic.twitter.com/PSe7UISL8U
源氏、今のとこ戦略も戦術も総戦力でも平家に完敗してて間違いなく田舎武者の寄せ集め山賊団もどきなんだけど、『何度ボロクソに打ち負かしても復活した残党が軍団再編成して挑んでくる』っていうのは相手から見たらだいぶ怖い気がする #鎌倉殿の13人
兄上の一件で精神が死んでしまったが、来世は絶対芹沢鴨な上総広常が楽しみな為に生き返ることができた。ありがとう佐藤浩市殿。 #鎌倉殿の13人

#かまコメ
北条時政役・坂東彌十郎さん


収録現場から撮影直前・直後のコメントをお届けします。

#鎌倉殿の13人
#坂東彌十郎
#北条時政 pic.twitter.com/5qOzYIRdLj
のちに鎌倉幕府開くのわかってても見終わった後「よく生きてたな頼朝…」と思わざるをえなかった今回の #鎌倉殿の13人

#かまコメ
畠山重忠役・中川大志さん


収録現場から撮影直前・直後のコメントをお届けします。

#鎌倉殿の13人
#中川大志
#畠山重忠 pic.twitter.com/Ydna5NitDM
三郎兄上の死を知らされた後に「広間で皆が待っている」と聞かされた佐殿、私が彼だったら広間で皆に切り刻まれるのではと怯えると思う。だって自分一人がよそ者で、広間にいるのは皆三郎の親族であり遺族であり仲間… #鎌倉殿の13人
八重姫と千鶴丸の話を5年間かけて丁寧に描いたところが素敵だった。千鶴丸は確かに伊東に殺された。でも伊東は立派な墓を作っていた。なぜ千鶴丸は死ななければいけなかったのか。誰にも怒りや悲しみをぶつけられずに、強がって生きていくしかない八重さんの5年ごしの涙が切なかった。#鎌倉殿の13人
#鎌倉殿の13人
しとどの窟から真鶴が25里(約100キロ)なわけないだろと思って調べたら約16キロだった。そこでもうひとつ調べたら律令制における里ってのは約650メートルだった。それに25を掛けるとだいたい16キロになった pic.twitter.com/GrbF7muAWg
「死んでいった者たちが居るから、このままでは戦を終えられない」というの、いい話のようで恐ろしい話でもあるのですよね
屍の山はこうやって作るのですよ…
#鎌倉殿の13人

#かまコメ
和田義盛役・横田栄司さん


収録現場から撮影直前・直後のコメントをお届けします。

#鎌倉殿の13人
#横田栄司
#和田義盛 pic.twitter.com/Ul2eMZHx3f
さて勘の良い皆さま方はお気づきでしょう。未来の鎌倉幕府を支えることになる御家人の構成メンバーたちが、この時点で全く一枚岩ではないことに。
#鎌倉殿の13人
#鎌倉殿の13人 頼朝は「政治家」であり、宗時兄ちゃんや和田殿は「軍人」であり、義時は「官僚」
アーッッ!!
#鎌倉殿の13人 のサイトに「曽我兄弟」の名前が!!!

↓のリンク先の「(ネタバレ注意)もっと見る」をクリック
→建久4年(1193)5月 のとこに曽我兄弟の名前が!!

源氏双騎のオタクよ!大河に曽我フラグが立ちましたぞ!であえであえーー!
nhk.or.jp/kamakura13/spe…

#吾妻鏡
治承4年(1180)8月24日条

源頼朝の跡を追い、峰や谷を探し回る大庭景親率いる平家方。そんな中、梶原景時が頼朝を見つけますが、思うところがあり、痕跡はないと偽ってその場を立ち去りました。

#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/guefc1pcp7

#吾妻鏡
治承4年(1180)8月24日条

源頼朝の敗戦を知り、居城へ引き返す三浦党。しかしその途中、由井浦(現在の由比ヶ浜)で畠山重忠と遭遇し、戦いとなりました。郎党50余りを討ち取られた重忠が退いたようです。

#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/0e2HpVYpDD

#吾妻鏡
治承4年(1180)8月29日条

8月28日に土肥の真名鶴崎(現在の真鶴岬)から船に乗った源頼朝は、翌29日に安房国猟島(現在の千葉県鋸南町竜島)に到着しました。

#鎌倉殿の13人 pic.twitter.com/Hvg6AsGCpL
第6回「悪い知らせ」をご覧いただきありがとうございました。

見逃した方、もう一度見たい方は ぜひ #NHKプラス でご覧ください。

▼配信ページはこちら
plus.nhk.jp/watch/st/g1_20…
※配信期限 : 2/20(日) 午後8:44 まで
※要ログイン

#鎌倉殿の13人
#小栗旬 #坂東彌十郎 pic.twitter.com/1fCRx4fodg
今回ハッとしたのは、政子と実衣が母の顔を思い出せない事で。確かに地方豪族なら絵など残せる機会もそうないだろうし、画像記憶が薄れるのはリアルだなと。
身近な死。残せない記憶。だから人は祈り、夢枕は意味を持ち、立派な墓には捨てきれない情がにじむ。命は軽いが、喪失は重い。
#鎌倉殿の13人
#鎌倉殿の13人 全国巡回展/

#源頼朝 役・ #大泉洋 さんの出身地、北海道からスタート!

番組紹介パネル、衣装(レプリカ)、PR映像や出演者サインなどを展示します。
ぜひドラマの世界観をお楽しみください!

【北海道展】
2月15日(火)~2月23日(水・祝)

▼詳しくは
nhk.or.jp/kamakura13/inf…